2023年11月24日

山太郎がにと銀杏の木

お友達から山太郎がにのお煮つけをいただきました。

s-DSC_0007.jpg

ばあばがJKだったころからのお友達、今でも毎日のように電話でガールズトークに花を咲かせております。
お料理もこんなに上手。
たいそう美味しゅうございました。
ばあばも負けられないなあ。

こちらは、倉庫の近くの秋葉神社の銀杏の木。

s-DSC_0009.jpg

朝日に映えてこんなにきれいです。

晩夏から秋、初冬への季節の進み方が早すぎて体がついて行けないようですが、季節の便りの一つ一つを見逃さずに心にとめて感じていきたいと思います。
posted by 池田屋酒店 at 15:11| Comment(0) | 店主の日記

2023年11月22日

ばあばのスマホが新しくなりまして

タイトル通り、ばあばのスマホが新しくなりまして。
今迄と勝手の違うやり方に悪戦苦闘しておりますが、
以前UGEの定期演奏会を聴きに行った時の写真をようやくアップする事が出来ます。


s-KIMG4006.jpg


とっても本格的でしょう?
皆さんプロの方みたいな素晴らしい演奏でした。

こちらは、いろんな方からお野菜をいただきまして、大根を切って干しているところ。

s-DSC_0003.jpg

太陽の恵みで、より旨味が増しそうです。

こちらは反対側のベランダのお花。

s-DSC_0005.jpg

小春日和の続く今日この頃、可愛いお花を咲かせております。

ばあばの新しいスマホで、これから一層いろんな写真を撮れるよう頑張ります。
posted by 池田屋酒店 at 16:48| Comment(0) | 店主の日記

2023年11月21日

柿の贈り物と 純米大吟醸洗心 入荷

こんにちは。
まずは、池田屋のエースが配達に行った折に、お客様から可愛い柿をいただきました。


s-202311212.jpg

寄り添うような夫婦柿光るハート
いつも有難うございます。
柿はお酒を飲む前に食べると悪酔いを防ぐ効果が期待でき、また、万一、二日酔いになった際にも、翌朝柿を食べることで症状の早期改善に結びつくとか。
美味しいだけじゃなくてお酒のお供としても優秀な果物なのですね。
早速いただきまーす!


そして今日は朝日酒造さんより 純米大吟醸 洗心 入荷しました。


s-202311211.jpg


いわずと知れた、久保田の最高峰。
「洗心」とは初心に戻り、人を尊びきらめき生きるさまをいうそうです。
契約栽培米「たかね錦」を28%まで磨き、そして醸し、ゆっくりと熟成させた味わいは、この上なく淡麗でありながら、洗練されたふくらみを感じます。


ばあばの孫くんの一人が足かけ14年剣道をやっておりましたが、その最初にお世話になった道場の名前が「洗心館」。
そのご縁で、館長の昇段の御祝にみんなで「洗心」をお贈りして喜んでいただいたことがございます。

鍛錬のあと、きりりと背筋を伸ばして一口目をゆっくりと味わう、そんな楽しみ方が似合うお酒のような気がします。
あ、二口目からはどうぞごゆるりと。
posted by 池田屋酒店 at 11:09| Comment(0) | おしらせ

2023年11月20日

出羽桜入荷と音楽の夕べ

出羽桜 桜花吟醸酒 

s-2311201.jpg


欠品となっていた1.8ℓが入荷しました。
お好きな方はこれしか買われないお酒。
伝統の手造りの技、進化する低温発酵技術と貯蔵管理。
みちのくの蔵人が奏でるハーモニーをお楽しみください。


ハーモニーといえば。
土曜日の夕方は、ダンディなお客様にチケットをいただき、お店を閉めた後にお友達と二人でUGE八女ギター室内合奏団の定期演奏会を聴きに行きました。

s-2311202.jpg

初めての経験でしたが、思った以上に沢山の方が見に来られていて大盛況でした。
UGEとは UGLYDUCKLING GUITAR ENSEMBLE の略。
聞きなれないUGLYDUCKLINGとは、みにくいアヒルの子。
本当は大空にはばたく美しい白鳥の子であったというアンデルセンの童話をもとに名付けられたそうです。
曲目は、GReeeeNの「アイノカタチ」あり、「リベル・タンゴ」あり、「オペラ座の怪人」あり、シーナ&ロケッツあり、エリック・クラプトンあり、バラエティに富んでいました。
キーボードやパーカッションもあり、迫力のある素晴らしい演奏です。
客演のフルートの方も素晴らしかったです。
おまねきしてくださった方もスーツをバリっと着こなして演奏。
また、あらこの方も!と思うような知り合いの方が、超絶テクニックを駆使しておられたりして、皆さんの普段と違う一面をのぞくこともできました。
皆さん、大空に美しくはばたいておられました。
posted by 池田屋酒店 at 09:52| Comment(0) | 商品のご案内

2023年11月18日

甘い誘惑

s-202311181.jpg


これ以上甘い誘惑がありましょうか。
例によっていただき物の鳴門金時です。
甘い蜜の誘惑に踊らされてしまいそう。

こちらも魅惑的な商品です。
シングルモルト駒ヶ岳2023エディション

s-2311182.jpg

シングルモルト駒ヶ岳は、良質な水と豊かな自然に囲まれた中央アルプス山系駒ヶ岳の麓に位置するマルス信州蒸留所で造られています。
「2023エディション」は、バーボンバレル、シェリーカスク、ポートカスク熟成原酒をバランスよくヴァッティングした2023年限定瓶詰のシングルモルトウイスキーです。
紅茶のように豊かに広がる香りと、熟した柿を想わせる調和のとれたふくよかな味わいをお楽しみください。
posted by 池田屋酒店 at 09:42| Comment(0) | 商品のご案内

2023年11月17日

雪中梅大吟醸入荷しました。

こんにちは。
丸山酒造場さんより 雪中梅大吟醸 入荷しました。

s-202311172.jpg

なめらかな口当たりでほのかな吟醸香があり、軽い渋みが後口を引き締めます。
上越産米の越淡麗、兵庫県三田産の山田錦を使用。
冬季限定販売となっております。
冬季の積雪は平均で1メートル程、日本海まで直線距離で約10キロという環境で、伝統的な手作りの麹と里山を水源とするやわらかな井戸水を使って造られています。
30年以上前に池田屋の先代社長が惚れ込んで、上越市まで何度も足を運びお取引をお願いしたお酒です。
そのかいあって、池田屋は小さなお店ながら、福岡県でただ5軒のみお取引を許されているうちの1軒になっています。

どうぞ冬にしか出会えない銘酒をお楽しみください。


そしてこちらは本日のお花。

s-202311171.jpg

サンゴミズキ、ハラン、カラー、オンシジューム。
サンゴミズキの美しい赤、これが天然の色だなんて不思議です。
花言葉は、「耐久」「洗脳」「成熟した精神」。
「洗脳」なんて花言葉があるのですね。
赤い幻想的な枝が人々を魅了する、ということでしょうか。
posted by 池田屋酒店 at 09:33| Comment(0) | おしらせ

2023年11月16日

久保田も続々入荷中です。

朝日酒造さんより 久保田萬寿 純米大吟醸 

s-image_50461953.jpg

創業時の屋号「久保田屋」を冠した朝日酒造さんを象徴する銘柄。
いわずと知れた銘酒。
フラッグシップといえるでしょう。
華やかな香りと重厚な味わいが重なり合い複雑で深みのある口当たりが広がります。

同じく 久保田純米大吟醸

s-KIMG3991.jpg

モダンでシャープな久保田らしいキレの良さ。
「新しい久保田」を体現する美味しさと、培われてきた久保田の技、その両方を一度に味わえるお酒です。

うむ、それぞれに静謐な白のたたずまい、紅葉に映える黒のたたずまい、美しいお酒ですね。
posted by 池田屋酒店 at 09:26| Comment(0) | 商品のご案内

2023年11月15日

高橋商店さんより続々入荷しています。

高橋商店さんより、美味しいお酒が続々と入ってきました。
まずはこちら。

新商品 繁桝純米大吟醸18

s-202311154.jpg

s-202311151.jpg

豊かな八女の土地に育まれた水が引き出す福岡県八女産吟のさとの真の魅力。
18%まで磨かれた八女の誇りを味わってください。
18%…。
これはもう、こばばも今迄飲んだことのない未知の世界のお酒です。
新たな高みに到達された高橋商店さんの逸品。


純米大吟醸 にごり生々

s-202311152.jpg

低温でゆっくり発酵させた純米大吟醸生々です。
ほのかな甘み、さわやかな吟醸香が特徴です。


特別純米生々(クラシックラベル)

s-202311155.jpg

夢一献を60%まで精米し、じっくりと発酵させて造った特別純米酒です。
生酒のふくよかな旨味とさわやかなのどごしをお楽しみください。


純米新酒 蔵初しぼり

s-202311153.jpg

まさに今朝、新酒第一号として厳かに蔵から出荷されたお酒です。
純米酒のコクと芳醇な香り、フレッシュな味わいが魅力です。

他にもギフト商品が届き始めています。

お店に来て頂くたびにわくわくしてもらえるよう、美味しい商品をそろえています。
どうぞお立ち寄りくださいませ。


posted by 池田屋酒店 at 13:28| Comment(0) | 商品のご案内

2023年11月14日

お歳暮パンフレット作成

2023年 今年も残り少なくなりました。
お待たせいたしました!!
お歳暮のパンフレットを作成しました。

2023御歳暮パンフレット.jpg


s-IMG_0001.jpg


s-IMG_0002.jpg

s-IMG_0003.jpg


s-IMG_0004.jpg

s-IMG_0005.jpg


s-IMG_0006.jpg


s-IMG_0007.jpg


s-IMG_0008.jpg

宜しくお願いいたします。
posted by 池田屋酒店 at 14:38| Comment(0) | おしらせ

2023年11月13日

久し振りに大人の遠足

日曜日、久しぶりの大人の遠足へ出掛けました。
久住方面へ向かいましたが、紅葉はもう終わったのか、季節が一気に進み、初冬という感じでした。


s-KIMG3985.jpg


遠くにわいた温泉の湯けむりが見えます。


s-KIMG3982.jpg


暖かそう…。
寒かったので温かい食べ物を。


s-KIMG3984.jpg


s-KIMG3983.jpg


炭火のほっとするぬくもりの中、だんご汁や焼肉をいただきました。

帰りの車では日本の行く末や世界情勢を憂いたり、美味しい食べ物や大好きな歌手の話で盛り上がったり、硬軟取り混ぜた意見を交換しながら帰って来たばあばたちでした。
楽しい遠足でした。
posted by 池田屋酒店 at 12:10| Comment(0) | 店主の日記

2023年11月11日

ワイルドターキー8年

こんにちは。
品薄になっていたワイルドターキー8年入荷しました。


s-202311113.jpg


歴代のアメリカ大統領に愛されてきたプレミアムバーボン。
50.5%という高いアルコール度数にもかかわらず、繊細な味わい。
重厚でインパクトのあるフルボディテイストと心地よい甘みとコクが楽しめます。


こちらも一時欠品していたすず音、入荷しました。

s-202311112.jpg


開栓の際は、瓶を2〜3回ゆっくり逆さにして、にごり成分を混ぜてお召し上がりください。
繊細で爽やかな泡を楽しめるお酒です。
グリーンのボトルに赤い実のデザインが映え、クリスマスシーズンにも人気です。

気が早いかもしれませんが、ターキー、クリスマス、といえば、七面鳥って食べたことありますか?
こばばは学生時代に毎年ゼミの教授のご自宅で、アメリカ人のご主人に七面鳥を切り分けていただいていたのが唯一の思い出です。
暖かいお部屋で大事な仲間たちと集まって、素敵な経験をさせていただいていたなあ、と思いますが、今考えると、あの大きな七面鳥、一体どこから調達されていたのかしら。
まさか文字通りワイルドなターキーでもあるまいし。
posted by 池田屋酒店 at 14:13| Comment(0) | 商品のご案内

2023年11月10日

本日のお花

本日のお花は、ハイビスカスローゼル、ドラセナ、スターチス、アンスリューム、カスミソウ。


s-202311102.jpg


赤い実が可愛いハイビスカスローゼルは、古代インドやエジプトでは不老長寿の秘薬とされ、女性の美容には欠かせないものだったそうです。
現在でも美容やアンチエイジングに効果があるとされ、ハイビスカスティーとして飲まれています。
花言葉は、「新しい恋」「華やか」。

さて、いつも楽しくお花を教えていただいている原口先生から、いけばな体験教室のご案内です。


s-2311103.jpg

12/2(土)しはら生花店様の2階にて、クリスマスのお花を生ける教室を開講されますので、興味のある方はぜひご参加ください。

また、昨日もいろんなお土産をいただきました。


s-202311101.jpg


何処に行ったのかわかりやすっ。
こばばの会社員時代のお友達、フットワークが軽くてうらやましい限りです。
お酒を買いに来てくれたのですが、ついつい話がはずみます。
当時はよく同期旅行など行ったものですが、約30年の時を経て今では全国に散らばっている同期たち、なかなか顔を合わせるのも難しい。
たまにラインで近況の写真が流れてきますが、ほとんど変わっていない(ように見える)人もいれば、変わり果てている人もいたりして。
まあきっとお互い様なのでしょう。


s-202311104.jpg


こちらはいつも美味しいものをくださるお客様から、リンゴや柿のお裾分け。
1年のうち360日はリンゴを食べます、とおっしゃるお客様の、一押しのリンゴ。
そして、赤子の頭ほどあろうかという大きさの、つやつやした柿(5Lサイズだそうです)。
美味しいに決まってます!
どちらも手に入りづらいものをわざわざ持ってきてくださいました。
いつも有難うございます。
posted by 池田屋酒店 at 10:53| Comment(0) | 店主の日記